JP EN

COMPANY

Mission

FREE INNNER
CREATIVITY.
人類の超能力を
解放する。
技術が革新的に進歩するたび、私たちは、日常にテクノロジーを取り入れ、自身の能力を拡張することで、豊かな生活を送れるようになりました。
そして人類は今、現実とヴァーチャル、生命と機械、生と死の違いでさえ、境界線が無くなっていく未来に足を踏み入れようとしています。
その未来では、ヒトや企業の哲学や在り方までもアップデートする必要があると考えます。

XRの登場は、人類に「新たな知覚」を与えました。
私たちは、空間的・肉体的・精神的・物理的な制約を取り除くことで
「内に秘めたクリエイティビティ」を解放する方法を手に入れました。

人類の超能力を解放する。

STYLYは、XRを主軸としたテクノロジーにより
ヒトや企業の創造する力、クリエイティビティを解放していきます。
新たにはじまった歴史の中で、文化・産業を創り出し、人類の進化に貢献します。





※XRとは、VR(仮想現実)・ AR(拡張現実)・ MR(複合現実)の総称。

Value

CREATE A
NEW-
LAYER OF
LIFESTYLE.
「空間を身にまとう時代」
をつくる。
STYLYは空間レイヤープラットフォーム「STYLY」を展開する会社です。

現実とバーチャルが重なり合う時代において、様々なアーティストやクリエイターと共にXR技術を活用した文化的・経済的エコシステムを創り出すことで、誰もが空間を身にまとうことができる世界を目指しています。

会社概要

会社名
株式会社STYLY( 英文社名:STYLY, Inc)
代表取締役
山口 征浩
事業内容
空間レイヤープラットフォーム STYLY の開発運営
主要株主
・Agya Ventures
・Animoca Brands
・KDDI株式会社
・株式会社コロプラネクスト
・株式会社JR西日本イノベーションズ
・J.フロントリテイリング株式会社
・株式会社テレビ朝日ホールディングス
・東急不動産ホールディングス株式会社
・日鉄興和不動産株式会社

※50音順
所在地
〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目34-3 第24 スカイビル4F
交通案内
丸の内線「新宿御苑」駅より徒歩5分、都営新宿線/副都心線「新宿三丁目」駅より7分

沿革

2014年12月
代々木で活動開始
2016年05月
株式会社Psychic VR Lab法人化
2017年04月
新宿オフィスへ移転
2017年08月
STYLYリリース
2018年02月
NEWVIEWプロジェクト始動
2019年11月
STYLYモバイルアプリのリリース
2020年06月
ARコンテンツの制作に対応
2021年02月
資金調達(累計19億円)
2021年12月
KDDI社のARアプリがSATCH X powered by STYLYとしてリニューアル
2023年03月
資金調達(累計26億円)
2024年1月1日
株式会社STYLY に社名変更 

Boards

代表取締役CEO
山口 征浩
20代後半に上場企業の経営を経験し、30代前半はMITでエンジニアリングを学ぶ。2014年「全人類の超能力の解放」を目的にSTYLYを立ち上げ、VR元年と言われた2016年5月に法人化。経営全般を担う。2017年XRクリエイティブプラットフォームSTYLYのサービスを開始し、2018年3次元空間の”超体験”をデザインする実験プロジェクトNEWVIEWプロジェクト始動。2021年末リアルメタバース構想を発表。空間を身にまとう時代の創造をめざす。
取締役COO
渡邊 信彦
東証1部上場 大手Sierにて金融機関のデジタル戦略を担当、2006年執行役員、2011年オープンイノベーション研究所 所長 を歴任、セカンドライフブームの仕掛け人としてメタバースのビジネス開発に関わる。その後、起業イグジットを経て、STYLYの設立に参画。2017年2月取締役COO就任。他に事業構想大学院大学 教授、先端技術オープンラボSpiral Mind パートナー、地方創生音楽フェス「one +nation」のFounder などを務める。
CTO
藤井 明宏
いつも何か作っています。
https://twitter.com/afjk01/media
執行役員 / CSO
水谷 享平
東京大学大学院工学系研究科卒。2012年、Googleに入社。モバイルアプリ開発者向けの技術コンサルタントを務める傍ら、20%プロジェクトとしてVR/ARの普及活動を行う。
2018年にプロダクトマネージャーとしてSTYLYに入社。翌2019年4月に執行役員に就任。STYLYのプロダクト開発全般に携わり、プロダクトマネージャーとして幅広くSTYLYのサービス全体を担当。また渋谷PARCOにて展開されている「SHIBUYA XR SHOW CASE」をはじめ、複数の社内外プロジェクトのリードも務める。
2021年6月よりCHROに就任。現在は組織、人事面から事業を伸ばしていく役割に従事。
Unity Certified Developer、Certified Scrum Product Owner、バーチャルリアリティ技術者、サウナ・スパ健康アドバイザー。趣味はサウナと子育てとゲーム。
執行役員 / CMO
渡邊 遼平
2016年にXR専門メディアを立ち上げ、創刊編集長を務める。2018年に取材先だったSTYLYにChief Media Officerとして参画。翌2019年4月に執行役員に就任。
2018年には3次元空間の新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓するプロジェクト「NEWVIEW」をパルコ、ロフトワークと共に発足。本プロジェクトの一環で、NEWVIEW AWARDSと呼ばれるVRグローバルアワードを2018年より開催。2019年は8ヶ国145作品が集まり、本年も開催予定。その他にもNEWVIEW Schoolと呼ばれる次世代の表現手法を学ぶ学校や、海外でのワークショップ開催など国内に留まらず、海外での展開も積極的に実施中。
最近では、渋谷PARCOにて展開されている「SHIBUYA XR SHOW CASE」、回遊型XRアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC」などに携わり、「MR x 街」をテーマに掲げ、渋谷を舞台にフィジカルな空間とバーチャルなレイアーの融合を図り、新たな体験価値の創造に力を入れている。
執行役員
野村 烈
ソニー株式会社でリチウムイオン電池保護回路設計/AR関連技術開発を経験後、起業。A440/ABALでは、AR/VR分野でソフト・ハード問わず横断的なシステム開発、ディレクションに携わる。特に、芸術家とのコラボレーションでは、メディア芸術祭大賞受賞作品「縛られたプロメテウス / 小泉明郎」やTheaterCommons’21「Suspended / 中村佑子」など、国内外で評価される作品において、機材運用からAR/VR表現のディレクションまで広範囲にサポートした。

2021年に、STYLYプラットフォーム開発のProduction Managerとして参画、2022年に執行役員就任。部門を横断しながら、STYLYサービス基盤を構築するエンジンとして行動していく。
社外取締役
藤田 豪
明治大学経済学部卒。1997年、日本合同ファイナンス株式会社(現:株式会社ジャフコ)入社。2005年より中部支社投資部に異動し、2015年支社長へ就任。22年にわたり、スタートアップからレーターステージまでの投資、投資先各社での取締役就任、 ファンドの募集など手掛け、自動運転、AI、保育IoTといった分野の企業への投資を行なってきた。 2018年、株式会社MTGVentures代表取締役就任(現任)。MTGグループのコーポレートベンチャーキャピタルとして、5000人以上の経営者との出会いによって培われた視点をベースに、BEAUTY-TECH、WELLNESS-TECH、FOOD-TECH、SPORTS TECHのスタートアップへの投資を行っている。
社外監査役
廣田 聡
三井安田法律事務所(現三井法律事務所)でのリーガルプラクティス、アントキャピタルパートナーズ株式会社での投資・経営支援実務、株式会社ビーグリーでのビジネス実務の各種経験に基づき、スタートアップに対する資金調達に関連する支援から、上場会社役員としてのガバナンス対応まで、投資・M&A・スタートアップ実務・企業法務での実践的な支援を行う。HCA法律事務所代表弁護士。
社外取締役
前川 雅彦
京都大学経済学部卒。国内・外資系の銀行・証券・運用会社でエコノミスト・アナリストを中心とした幅広い業務を経験後、日本郵政株式会社に入社。日本郵政グループ3社の上場準備や、東京2020オリンピック・パラリンピック大会のスポンサー権取得・スポンサー権行使施策に尽力。2017年、日本郵政キャピタル設立を主導し、常務取締役に就任。投資部門責任者として社内外のリレーション構築に尽力し、mercari、Sansan、Smart Newsなどの大型案件を手掛けた。ベンチャー投資業界全体のさらなる発展のため、2020年8月DGベンチャーズへ参画。
社外取締役
井口 信人
イェール大学卒、ハーバード・ビジネス・スクールMBA取得。マッキンゼー・アンド・カンパニー、アマゾン(米国)、ブリッジウォーター・アソシエイツ(米国)勤務後に、ニューヨークでベンチャーキャピタルファンドAgya Venturesを共同設立、米国ベンチャー企業を中心に投資を行っている。